« August 2008 | Main | November 2008 »

October 2008に作成された記事

ヨガ合宿 in 高野山 レポート

10月11日~13日 高野山の遍照光院を使わせていただいて合宿をしました。

01

 このお寺の創建は弘法大師。白川上皇の御座所として高野山名室寺院の随一で、本坊は江戸時代の建築です。御住職の皆様の慈愛あふれるおもてなしが心に残っています。日本総合ヨガ普及協会の会員や一般ヨガ愛好者が集い、沖縄・岡山・関西・三重・東京・名古屋や岐阜など多方面の参加者75名は和気あいあいとプログラム楽しまれました。

ビッグゲスト 3名の講演や講義も~

三浦於菟教授・・・東邦大学医療センター大森病院東洋医学科。東洋医学と心療内科専門医・・・講談調の話しぶりは退屈することなく、東洋医学の深い教えが、そして心と東洋医学的発想のつながりがよくわかりました。

歌手:アイカさん・・「ありがとう」の心を歌に託したサウンドセラピーに心癒され、オペラ歌手として歌っていただいた「アベマリア」に感涙の人も多かったです。

女優:板倉リサさん・・・元ミス日本の、うっとりする美しさと癒しの声。ダンスアーテイスト、インド映画のヒロイン、チベット体操指導者。今回はチベット体操を教えていただき、エネルギーのとおる道(スシュムナ管)のクリーニングとチャクラの活性の方法を皆で体験して、さらに元気な合宿生活を続けることもできたようです。(◆2009年5月3日 板倉リサさんが指導するチベット体操講座を大阪国際会議場で開催決定です!どなたでも参加可能ですのでおまちしています◆)

*阿字観冥想・・・大日如来様のエネルギーに満たされての瞑想は心が深い落ち着きを取り戻したようでした。

*5名の講師が、生活ヨガについて、視力向上ヨガについて、快便ヨガについて、足ヨガについて、マタニティーヨガについて・・・たっぷりの講義+実技 があり、ノートをとるのも忙しそうな皆さん!

高野山という聖地で 非日常空間を味わえ、初めての仲間同志の心がつながっていき、来年の合宿=伊勢を予定=への夢と再開を語り・・解散。

■この期間に撮影したスナップ写真の多くに、オーブ(たまゆら)が写っています。02 

感想文一部

*合宿は実り多く、リニューアルして帰途につきました。課題が沢山できました。自分を正しく生かす道がどれなのか、楽しく考え前進しようと思っています。次回は阿字観冥想をしてくださった僧侶の方のお話を深く聞きたく思います。インドで修行されて30年間ヨガをされたという僧侶の方からもヨガの話を、もっと聞きたくて仕方がありません。盛りだくさんの内容で本当に勉強になりました。ありがとうございました。(準指導師 S.A)

*高野山合宿、とても楽しかったです。いろんな人に、考え方に出会えたのはとても新鮮で、勉強になりました。私はきっとあの中で一番の初心者だったような気がしますが、まじめに続ければこういう風になれるのか、と夢が広がりました。(一般参加 M.K)

*今回1日参加となりましたが、主人も参加してくれ楽しい日々を送らせて頂ました。ありがとうございます。毎回いろんな研修に参加させていただいてそのたびヨガの真髄に少しずつ触れたり感じたりと実感しております。 まだまだいっ~ぱいいろんな体験が出来ると思うと楽しいです。これからも御願いします。 

*お坊さんのじゅんさん、すごく神秘的な方ですね。ヨガ30年、お寺に入って3年と食事の時に言っておられたと思いますが、御いくつなんだろうと主人と帰路中話しながら帰りました。ものすごく若く感じておりましたので?それからaikaさんのアベマリア、私なぜか涙が止まらず自然に体中が共鳴してしまい大変でした。これは何かあると思いアベマリアを追求してみたいとおもいます。いろんな体験経験提供して頂きましてありがとうございます。ご一緒させて頂きました皆様ありがとうございます。(準指導師M.T)

03 

| | Comments (68) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | November 2008 »